習慣がある人は要注意!お酒やタバコは酵素不足の元凶

ca-k008-a

酵素が不足すると、様々な弊害が起こってくるようになります。日常生活の中でも、酵素を不足させてしまう原因を作り出していることが、たくさんあります。その中でも重要な不足原因をご紹介していきます。

お酒とタバコは、体に良いものではないとされていますが、やはり酵素を不足させる原因にもなってしまっています。少量のお酒は体に良いと言われたりもしますが、毎日たくさん飲む人や、タバコも毎日何本も吸う人は、酵素不足の可能性が大です。

お酒と酵素

ca-k008-b

お酒というのは、アルコールのことですので、日本酒、焼酎、ビールなどなど種類は問わずにアルコールが入っていればお酒とみなします。アルコール成分というのは、体内で分解されないままでいると、翌日に二日酔いになったり、アルコールが抜けずに酔ったままという状態になってしまいます。

ですから、体内では「アセトアルデヒド」と呼ばれる脱水素酵素が、アルコールを分解してくれるのです。すると、アルコールは体内で分解されるので、翌日も通常通りに生活ができるようになります。

しかし、酵素が不足しているとアセトアルデヒドが足りなくなり、アルコールを分解しきれなくなります。そうなると、二日酔いなどにつながってしまうのです。アルコールというのは、量が増えれば増えるほど、酵素をたくさん使って分解しなければなりません。

つまり、アルコールを摂取することで、大量の酵素がなくなってしまうのです。ですから、お酒を毎日飲むという人は、酵素がどんどん不足していくということがわかりますよね。

タバコと酵素

ca-k008-c

タバコは体内に入ると、血液の中にあるヘモグロビンの酸素を奪っていきます。血液が体を巡るためには、酸素は不可欠なのですが、タバコを吸う事で血液を促す酸素が不足していきます。

そして、追い打ちをかけるように、タバコに含まれる有害物質が全身を巡っていくのです。その有害物質を撃退するために駆り出されるのが、酵素です。つまり、タバコを吸わなければ使わなくでも済んだ酵素を、無駄にたくさん使ってしまっているという事です。

このように、酵素が使われてしまうと、消化や代謝に使用するための酵素が全く足りなくなってしまい、酵素不足を招いてしまうのです。タバコは無駄に酵素を不足させるための、有害なものだと考えてもいいでしょう。